初心者あるある!副業初期に失敗する事 10選

日々是好日。
 
朝晩寒くなって窓開けて寝てたら下痢になった
クエスト(@moneyquest_com)です。
 
最初って誰でも何をしたら分かりませんよね~(^。^;)
 
そもそも、人それぞれ動機も違いますし環境も違うので多くの初心者や副業初期に『やってもうたΣ(゚д゚lll)』失敗する事例を体験談を踏まえて紹介します。
 

間違った情報収集(プレジデント/ネット成功体験)

会社や仕事、人間関係に行かない時に、ふとコンビニで『片手間で稼げる』とか『主婦が家にいながら○○万円!』やら『パソコン一つで月収○○万!』という甘い言葉で誘ってくるのがプレジデントを始めとしたビジネス雑誌です。

まずは、ここから誤った情報収集が始ります(笑)

次に、ブレジデンスなどから得た情報を元にネットで検索すると思います。

検索するとわんさか出てくる怪しい情報。。。

自分と近い環境や自分より下に見える主婦やニートが稼いだという言葉巧みなキャッチコピーに貴方の心は揺さぶられます(笑)

ほぼ定番なのですが、必ずと言っていい程、ダメ人間やどん底の状態から這い上がるストーリー/エピソードで書かれています(ウケがいいからです)

元々、国立大出身で世間一般では優秀でも、ニート設定だったりブラック企業だったり、うつ病・離婚・病気・DVやら、あの手この手でどん底を演出します( ̄◇ ̄;)

こういった演出は、テンプレート様に定番となっています。

何年も前から現在まで変わってないのでこの演出にひかかっている人が多いことがうかがえます。
 

自己流でやっている

教えている時に思うことが、『それ、なにやってんの... ( ̄◇ ̄;)?』という場面がよくあります。

教えた事を自分流にアレンジして作業してたりします。

その過程で自分基準で良い悪いも決めたりしちゃうので当たり前ですが効率も悪く失敗率も高いです。

あと、最近気付いたんですが、説明書読む人少ないですね(;・∀・)

やっぱり、読むの面倒なんですかね?

僕は元エンジニアなんで説明書作る側でした。

説明書やマニュアルにほとんどの情報が書いているので説明書・マニュアル・仕様書・指示書をよく読むのが早いです。
 

必要最低限の投資をケチる

最初から本やDVD、先生や指導者、塾や教室などに入って情報習得・体得した方が早かった事無いですか?

僕は沢山ありすぎて絶叫しそうです『(;゚Д゚)!ギャァァァァァァ』

 
事例)1

学生の頃に、バイクを修理する時に本屋で専門書を立ち読みしてエンジンを修理しようとしていた。

10回以上往復するうちに効率の悪さに修理が9割経過した時点で本購入。。。

友人に『最初から買っとけや!』とツッコまれました (・・;)

 
事例)2

これも学生の頃に、単車の免許を試験場に直接取りに行った時です。

普通なら自動車学校で教習を受けて実技を免除してもらうんですが普通じゃなかったので、単車に乗ったことがないのにイキナリ一発試験に挑戦しました。

試験管は警察官なので、試験の前から服装や備品(ヘルメットや手袋)の事で指摘されまくりますヽ(´Д`;)ノ

萎縮しまくって、ガクブルで挑んだ試験は30秒で失格になりました・・・

その後、自動車学校に行って無事に免許取得できました。

 
分かりやすい例で実体験を書きましたが、ビジネスも同じで我流や独学で上手くいく確率は低いです。

最低でも本などで情報集する位はしましょう。

情報量の多さは下のようになるので参考にしてください。

書籍<音声<映像<塾・教室・学校<マンツーマン直接指導

 

株やFXに手を出す…

会社員の方で株やFXに手を出している人は多いんじゃないでしょうか?

そういう僕もガッツリやってました。

しかも結構大きい金額を掛けてました。

会社の先輩・同僚・後輩、取引の方から散髪屋のじいさんまで株とFXは大人気の様でやっている人は多く、このネタの食いつきは凄かったです(笑)

そして、ほとんどと言っていい程、稼げている人を見たことがないです( ̄▽ ̄;)

残念な事に僕もトータルで負け越しています。。。トホホ

睡眠時間を削って本業にも支障をきたす

ただでさえ本業が忙しいのに、副業をやろうとすると必ずといっていい程、睡眠時間を削ってしまいます。

帰宅後、副業に使える時間は1~3時間でしょうか?

帰宅が遅ければ、寝るのは深夜過ぎです。

始業が早かったり、通勤時間が長ければ時間のシワよせは睡眠時間にきます。

睡眠時間を8時間取っていた状態から6時間だったらそんなに体調が変わることが少ないですが、5時間4時間となるとシンドくなります。

僕は通勤に1時間40分掛けてましたので、睡眠時間平均4.5時間でした。

————————————————————–

就寝:2時

起床:5時

通勤時間と隙間時間の仮眠:1.5時間

————————————————————–

朝の朝礼でフラフラしていたのを注意された事もありました。

冷水で顔を洗う事は毎回の習慣と化し、昼休みは食事も取らず寝てました。

今振り返ってもよくやっていたなと思います(汗)

今なら健康学に詳しくなりましたので、ストイック仕様に生活リズムと体を変えますが、当時はガムシャラでした。

本業が嫌でも仕事あっての副業なので、副業が理由で仕事に支障をきたすようでは給料を貰う資格ないです。

淋しいから友人・知人と始める

コレは失敗しやすい事例の代表格ですね!

9割近い失敗率と実際の事例をお伝えします。

 
事例) 会社の上司・部下で起業

同業者の方で元会社の上下関係のまま起業した方々がいました。

起業した事業でも上下関係が続くので部下の人は面白くなかったんでしょう。

パソコンと顧客リスト、商材を持って自分でやり始めました(笑)

 
↑ほんと、良く聞く話でしょう?(笑)

最終的には、在庫が売れず在庫が負債(借金)となって会社員に戻られました。。。

知人・友人でやる場合で、トップが2人いる場合、決断者が2名もいると

意見が合わなかった時に歪みが生じます。

その歪みが徐々に大きくなって仲違いする事例が多いです。

船で例えると、キャプテンが二人いて舵が2つあるような状態です( ̄◇ ̄;)

そうじゃなくて、一人は舵で一人は帆か錨(いかり)役にならないと症状効果が得れません。

あと、淋しいからとか楽しいからというのは『甘え』や『馴れ合い』なので上手くいかない確率が非常~に高いです。

責任感が薄まるというか、集団や他人に依存もしやすいので主体的にできるよう一人でやりましょう。

中途半端にやって結果が出ない

インターネットが爆発的に広まって副業の敷居が格段に低くなりました。

年々様々な手法が出てきて稼ぐ方法は多岐に渡ります。

情報も簡単に収集できるので、アレもいいコレもいいとなってしまいます。

また、ある程度軌道にのると他も良く見えます。

まさに『隣の芝は青い』です。

一つのジャンルに集中した方が結果が出やすいです。

また、ビジネスは通じる所が多いです。

というか、何百年も変わらない普遍的なビジネスの仕方ってありますよね?

呉服屋の【大福帳】とか。

アレは今で言う顧客リストなので今でも通じるビジネススキルです。

甘い考えで副業を始める

コレ言ったらおしまいですが、ハッキリ言って。。。

甘い!です。

イヤ、言いすぎました、ゴメンナサイ。

ぬるいです。

もうどっちでもいいですが、チョロっとやろうとすると必ず痛い目に合います。

上手く行ってる人や成果出している人は、実直にコツコツやってます。

努力していますよ、驚くくらい(^_^;)

詐欺商材・コンサルを購入してしまう

いろいろ調べて、それでも何していいかわからない時があると思います。

『あああぁぁぁー何していいかワカラナイ(+o+)』

こういう時は、誰かに頼りたくなったりします。

ネットで稼いでますドヤッってされると、なんか凄そうに見えたりするもんです。

それで、やたら高い教材やら塾、コンサルに申し込んだりしちゃいます。

まっとうな人もいますが、基準が定められていないので満足度は人それぞれです。

有益な情報や情熱を持って指導して頂ける時はいいんですが、中には詐欺的なものもあります。

グレーというか真っ黒でお縄になりそうな情報やコンサルなのに

連絡してくんなと言われたり、そもそも実力が無かったり・・・etc

結局何もしない(やらない・聞かない・学ばない)

本当、最終的にはコレにつきます。

いくら失敗を潰していって安心材料と確実性を持たせても本人がやらないと何も変化は起きません。

副業を得たいなら、副業を得る原因が必要です。

『原因』があって『結果』があるんです。

作業や仕事とという原因を作って、報酬や収入という結果を得ます。

失敗する人や成功できない人は、やらないし、聞かないし、学ばないです。

【失敗の3原則】と命名しました(笑)

まとめ

どうでしたか?

長くなりましたが、思い当たる節があったのではないでしょうか?

書いていて、未だに出来ていないことや、思い出して嗚咽を起こさせる記憶もありました(^_^;)

成功する人と失敗する人の違いは、成功する人は失敗しないような行動をしていますし失敗する人は成功しない行動をしています。

少しでもこの10選が参考になれば嬉しいです^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です